May 26, 2017

勉強と諦め


最近はガシガシ本を読んでいるんですが。
ある方向の物事について「知りたい!」「学びたい!」という気持ちが強い。
1冊読むとまた次の1冊、また次の1冊…とリレーのように自然と襷が繋がれていき、
読むごとに「へー!」「ほー!」「なるほどー!」といちいち感嘆し、脳に新しい領域が広がるような気持ちがしています。まだまだもっと勉強したい。


逆にあるひとつの方向については30代もそこそこにして諦めつつあります。
それは「名前を覚えること」です。
人名、本や映画のタイトル、地名、曲名、店名なんでもいいんです、ひとつの物に付くひとつの呼称。
それがどうしてもどうしても覚えられなくて、「怠慢だ!」と言われるとごめんなさいって感じだけど、どんなに努力しようとも覚えられないのだからやっぱりもう仕方ないんじゃないかと思い始めています。今の年齢の倍になる頃には全ての物が「あれ」「これ」「あなた」になっているような気が。


さて私がガシガシ読んでいる横で、長女もまた読んでいます。
最近の長女は本の虫です。
机を挟んで、ソファで隣り合って、私は私の、長女は長女の本を読んでいます。
親しい人と同じ空間に居ながら、それぞれの楽しみに静かに勤しんでいる。
これこそが私がずっとずっと求めていたことのような気がして、時々この上ない幸福感に包まれます。
そのうち長女は自分の部屋に引っ込んでいくことになるのかもしれないけど、束の間の幸せを享受したいと思うこの頃です。





May 15, 2017

いつになるやら


入学進級に伴う生活の変化により怒濤の4月が終わり、
5月1日に髪を切って整体にも行って
さあ!気持ちを新たに!と思ったところにゴールデンウィーク。
そしてその後に母の上京。
まだ買ってもらったランドセルも見せられていなかったので、
初孫が登校する姿を見てもらうことが出来て良かったのでした。
毎日毎日「ばあば〜!」「ばあば〜!」と6歳5歳につきまとわれて、
母はさぞかしヘトヘトになって帰っていったのでは…と心配しております。


今週は参観ウィーク、そして家の工事。
いつになったら落ち着いた生活が戻ってくるのかしら…

毎日ヘトヘトに疲れて眠り、朝まで目覚めず、
やりたかったあんなことやこんなことも全部放ったらかし、
家事と送り迎えと遊びの付き添いで一日が過ぎていき、
本当にこれでいいのかな…って、
こんなことをしているうちに気がつけば今度は両親の介護の問題が浮上して、
そして歳の離れた夫の介護…なんてことになり、
そうこうしていると自分がお婆ちゃんになっていて…
なんてところまで想像してぞっと身震いしましたが、
焦るな焦るな大丈夫、
ただもう少し体力をつけたい、そんな毎日です。

Apr 29, 2017

「わたしのなかの少女が永遠を奏でる」at silent music 終了しました。



silent musicさんにて、
企画展「わたしのなかの少女が永遠を奏でる」
先週無事終了しました。
お越し下さった皆様、ありがとうございました。


水彩で描いた作品を出展、
そして1年前の東京の個展で制作した「あかるいところ」という手製本の絵本を販売しました。

水彩を使い始めて2年程経つでしょうか。
今は気分や題材によって、油彩、水彩、オイルパステルなど使い分けていますが
最も力を抜いて表現出来るのは水彩かもしれません。(今のところ)

思考を最もダイレクトに紙の上に置けるのが
私にとって今は水彩で、
それを今回の展示では受け入れていただけたような気がしています。



この頃気付いたことがあります。
私は絵本の読者として自分の娘をいつも思い描いていたつもりですが、
どうやら違うようです。
本当のところ、私は「子どもの頃の私」に向けて作っている。
そう考えるとしっくりくることが沢山あって。
そうかそうか、私の中に居る子どもの私を満足させたいんだな。
(インナーチャイルドとかそういうこととも違います)


子どもの私の厳しい目を信じて、
好きなものをどんどん描いていきたいなと思います。






Apr 18, 2017

4月



前回の日記から、今に至るまでいろいろなことがあったはずなのに、
ただただ忙しく、振り返る余裕も無かった。そして4月。


長女が卒園。
春休みには家族ではじめての沖縄旅行。今までで最も長く、最も遠いところに行った旅。
そして私の父の退職。照れながらも、帰宅する父を拍手で出迎えた。

それらのことがもうずっと昔のことのよう。
4月、長女が入学。
ランドセルを背負って入学式に向かう1年生たち、
ピッカピカ!とはこのことか!と、
本当に丸ごと、人間ごとピッカピカの新品みたいな子どもたちでした。


それからは、
毎日ひたすら朝昼晩ご飯を作り(給食がはじまらない)
送り、迎え、提出物、持ち物の名入れ、保護者会、公園遊び、自転車の練習、
毎日毎日毎日毎日、
それはもう、時間と期日とご飯のことと、
力を持て余した娘たちとの午後の過ごし方ばかり考えている日々。

今週から給食がはじまりますので
やっとほんの少し息抜き、できるかな…






子どもたちがもっともっと小さくて、
子育てが本当にキツくて、
たぶん病院に行けば産後鬱とか育児ノイローゼとか言われたであろう頃、
何度か知人にカウンセリングをしていただいたことがあって大変に救われた。

その時に、いろいろと優しい言葉や実際的な助言もしていただいたのだけど、
確かポロリと会話の隙き間に言われた一言をよく覚えている。

「心からそうしたい、という時には、なにもかも捨ててでもそうするからね」

例えば海外をひとりで旅したいだとか
思う存分絵を描きたいだとか
自分で自分の予定をコントロールしたいだとか
あれこれできないことを並べるのは簡単だけど
どれも本気でやろうと思えばできること。ただやろうとしないだけ。
本気で願っている訳じゃない。


それと同時になんとなく、
そう遠くないうちに生活をガラリと変えたいような、
ものすごく勘でしかないけど、そんな予感があって、
その時が来たら遠慮なく、変えて行きたいなと思ってる。



Mar 3, 2017

水泳帽とトナカイの角

このあいだ、私が蕁麻疹と頭痛と悪寒のトリプルパンチで寝込んでいた日、
寝室にやってきた娘たちは私の布団にもぐりこんだり
布団の周りを走り回ったりと忙しく遊んでいて、
おもむろに押入の「季節もの(夏)」の棚から水着セットを取り出した。

うひゃひゃ!と大笑いしながら水着に着替えて
目にはゴーグル、頭には水泳キャップ、
そして更に「季節もの(冬)」の棚からとりだしたトナカイの角のカチューシャをつけて、
腰にバスタオルを巻いてふりふり踊り出した。

この人たちのすごいところは、
「どうだ、おもしろいことやってるだろ〜!」という意識がなくて
「なんか楽しい!なんかヘン!うひゃひゃ!」と純粋そのものなところ。


なかなか貴重で愉快な姿を写真におさめたいと
枕元のスマホで撮影したらなかなか良い写真が撮れた。
うわー!これ最高!見てみて!みんな見てー!と
一瞬SNSにあげてしまいたい気持ちに駆られるも、
娘だってこんな姿は親にしか見せない訳で、
それを不特定多数に公開するなんて言語道断だわ!と思い留まり、
ほんの一瞬でもみんなに見せたいって思った自分に腹を立てた。

今は写真をこっそりと見返して、ひとりにんまりしている。





Mar 2, 2017

半年とこれから

越してきてそろそろ半年が経とうとしています。

半年前のドタバタしつつも緊張した時期を思い出すと
たった6ヶ月しか経っていないなんてウソみたい、
今は新しい土地に愛着を持ち始めています。

私が住んでいる場所は、自然の勢いがすごいです。
もし数ヶ月人が住まなくなれば、あっという間に緑に覆われて
自然が人工物を飲み込んで行くんだろうなって思う。

実際ほんの少し草刈りを放っておいただけで
歩道に草や蔓が伸び出して
人間は渋々道の端を歩くことになります。
庭にもあちこちから知らない草木が生えてくるし。
たぶん先住の方が植えたものばかりではないはずです。

鳥も虫もたくさんいます。
虫は…まだ慣れないけども、
ときどき多足系の虫にヒェー!となりつつ、
仲良く暮らしましょうよ、どうぞよろしく、という気持ちです。
鳥は今のところ大歓迎、
いつか果物の木を植えたとしたら、きっと壮絶な攻防戦を繰り広げることになりそう。


あと一時は屋根裏にコウモリが住んでいる疑惑があって
夜になると騒がしくなる屋根に耳をそばだてていました。
日が落ちる頃、コウモリが出てくるのでは?と、
屋根の空気孔の前に娘と張り込んでいたのも良い思い出。


坂が多くてはじめは毎日くたびれていたけど
体力的にも精神的にも慣れた、
このタフさに慣れていたら老後も足腰は健在なのでは。


当初は車が絶対必要!と思っていましたが
だんだん慣れにより「要らないかも?」と思い、
でも子どもが大きくなった時にこそ
例えば夜10時に娘が駅から帰ってくる、みたいな時にこそ
さっと車でピックアップ出来る体勢はあった方が良い気もします。


今の私の作業机は後の子ども部屋と同室になっているので
あと数年したらどこか別の場所に移らないと行けない。
部屋数からして私の部屋は無いので、リビングになる。
うーーーーん、という気もしますが
それくらいがちょうど良い距離感かもしれないな。


娘はもうすぐ小学生、
新学期!とか新生活!と聞くとワクワクよりは憂鬱…と思ってしまう私なので
娘が純粋にキラキラと「楽しみ!」と胸を膨らませている様子に羨望のまなざしです。
どうか良い環境に恵まれますように。



Feb 23, 2017

「もてなす」ってなにか


年末から色々な方が家に遊びに来て下さった。
と言っても2週に一度くらいのペースですが、
引越す前の数年はとても人を呼ぶ余裕なんて無かった事を思うと
私にとっては驚異的なことです。


以前は「もてなす」ということに酷く苦手意識を持っていて
料理には自信が無いし…お菓子作りも好きだけど味はどうかなって感じだし…
気も利かないし…とウジウジするばかり。
それを大きく変えてくれたのが幼稚園ママ友の料理教室でした。


エイヤー!!!っと勇気を出して参加した教室。
えーっと、そもそも料理教室に参加することにも恐怖心を持っていて
手際の良い料理上手な女性が集まると聞くだけで
わなわな手が震えそう…って思うくらい、いろいろコンプレックスでした。


そこで教えていただいたのは本当にシンプルな材料と手順、
それなのに出来上がった料理のお皿を並べたテーブルは
なんだかとっても「スペシャル」でした。
味だってそう、いつもと変わらない材料のそれがなんだか美味しい。
わあ!美味しい!って思わず声に出るような。


何が違うのかな???って心底不思議に思った私は
考えたり観察したりして、シンプルなことに辿り着きました。
それは「ほんの少し丁寧に」ってことと「相手を慈しむ」ってこと。


そんな単純なー!って思うんですがこれが以外に難しい。
梨木果歩さんの「からくりからくさ」を読むと
「慈しむ」才能のある主人公と、それを「ちょっとうらやましいなって思う」周囲の様子がよーく分かります。
「慈しむ」って難しい…


でもそういうことを自然に為せる人たちを見ていると
私に持って生まれた才はないけれど努力はしたい、と思います。
そう思えたら、あらゆる苦手意識がなんだか薄れていきました。
結果じゃなくて、課程で良いかな。


春には窓から桜が見えます。
是非遊びにきてね。